松平不昧 馬図
山口素絢 檜樹鷹図

中山愛親賛 呉春画
【人間萬事西行猫】

「人間萬事西行猫」とは、西行がその昔、頼朝から講武の褒美に貰った銀製の猫を、屋敷の門外の童に与えたとされる「西行銀猫」の話を元にしており、人間とはあらゆる面において欲を捨てる事を説いています。
作品番号
D22-013
作品名
人間萬事西行猫
作者
中山愛親賛 呉春画
作品詳細
紙本水墨 箱入 28×116 39×205cm
本紙少オレ 箱少傷ミ
作家略歴
【中山愛親】
江戸後期の公卿。中山家21代当主。正二位、権大納言。天明2年議奏に任じられる。光格天皇の命により、天皇でなかった者に太上天皇の尊号が贈られた例を調査。天皇の父・閑院宮典仁親王へ太上天皇の尊号宣下をすることに尽力したが、老中松平定信らの反対を受け実現しなかった。寛政5年、幕府の命により伝奏正親町公明と共に江戸に下り一件紛糾の責任を問われた結果、100日の閉門となり、議奏の職も免じられた。文化11年(1814)歿、74歳。

【呉春】
江戸中期の絵師。四条派の開祖。名豊昌・春・月渓、字伯望。称嘉右衛門・文蔵。はじめ大西酔月に学び、のち与謝蕪村について画を修め俳諧を能くする。その後摂津の池田へ移り、池田の古名呉服里(くれはのさと)にちなんで姓を呉、名を春と改めた。蕪村の歿後は応挙の画を好み弟子にと請うが応挙は固く辞し、親友として画学を研究し写生を勉強して一家をなす。文化8年(1811)歿、60歳。
価格
380,000円

中山愛親賛 呉春画
【人間萬事西行猫】

「人間萬事西行猫」とは、西行がその昔、頼朝から講武の褒美に貰った銀製の猫を、屋敷の門外の童に与えたとされる「西行銀猫」の話を元にしており、人間とはあらゆる面において欲を捨てる事を説いています。
作品番号
D22-013
作品名
人間萬事西行猫
作者
中山愛親賛 呉春画
作品詳細
紙本水墨 箱入 28×116 39×205cm
本紙少オレ 箱少傷ミ
作家略歴
【中山愛親】
江戸後期の公卿。中山家21代当主。正二位、権大納言。天明2年議奏に任じられる。光格天皇の命により、天皇でなかった者に太上天皇の尊号が贈られた例を調査。天皇の父・閑院宮典仁親王へ太上天皇の尊号宣下をすることに尽力したが、老中松平定信らの反対を受け実現しなかった。寛政5年、幕府の命により伝奏正親町公明と共に江戸に下り一件紛糾の責任を問われた結果、100日の閉門となり、議奏の職も免じられた。文化11年(1814)歿、74歳。

【呉春】
江戸中期の絵師。四条派の開祖。名豊昌・春・月渓、字伯望。称嘉右衛門・文蔵。はじめ大西酔月に学び、のち与謝蕪村について画を修め俳諧を能くする。その後摂津の池田へ移り、池田の古名呉服里(くれはのさと)にちなんで姓を呉、名を春と改めた。蕪村の歿後は応挙の画を好み弟子にと請うが応挙は固く辞し、親友として画学を研究し写生を勉強して一家をなす。文化8年(1811)歿、60歳。
価格
380,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 塩川文麟 線香花火図

    線香花火には持ち手が藁の「すぼて」と、全体が紙で出来たこより状の「長手」の二種類があり、ここに描かれているのは関西で多く見られる「すぼて」の線香花火です。夏の夜の湿度さえ感じさせる、風情のある一幅です。
  • 岸駒 猛虎図 大幅

    この時代、虎は想像で描かれるのが一般的でしたが、岸駒は中国の商人より虎の頭蓋骨を手に入れ、虎の皮を被せて写生に励んだと云われています。
  • 松平不昧 馬図

    楽しそうに駆け回る馬を生き生きと描いています。大名茶人である不昧公は書や画、和歌に陶芸など、どれも第一級の腕前でした。
  • 竹内栖鳳 葱の花

    葱坊主の茎の上で、なにやらひそひそと話をしているかのような二匹の蟻。一日一回の写生を自身に課していた栖鳳らしく、日常の何気ない一瞬を捉えた瑞々しい作品です。
  • 山口素絢 檜樹鷹図

    樹の枝に止まり、一休みしているかに見える鷹。その足元には小鳥が身動きもとれぬまま捕らえられています。狩の名手である鷹にかかれば為す術もありません。緊張感溢れる場面を静謐な筆遣いで描いています。
    売約済
  • 狩野探幽 猿猴水禽図 大幅

    禅画の猿猴捉月図です。この画題としては珍しく横物構図で、かなり画面に引きがとられています。親猿の背中に隠れた子猿が何とも言えずチャーミングです。