木村武山 無花果鶏図
2024年5月23日
狩野安信 前猫後兎 双幅
2024年5月19日

伊藤若冲
【鶏螽斯図】

ぎょろりとした目を瞬かせて、虫を凝視する鶏。バッタや蟷螂などは鶏の好物のため、今か今かと仕留める瞬間を狙っているのでしょう。実に表情豊かに描き出しています。
作品番号
D-83
作品名
鶏螽斯図
作者
伊藤若冲
作品詳細
紙本水墨 箱入 28.5×99 40.5×182.5cm
表具少ヤケ 本紙少シミ・修復痕
作家略歴
江戸中期の画家。京都錦小路の青物問屋に生まれる。字は景和、斗米庵とも号す。幼少より画を好み、初め狩野派に学びのち宋元画の模写に励む。花鳥画、殊に鶏画を得意とし、飼育する鶏を熟視し描いたという。絵を求める人があれば米1斗をもってこれにかえたため、斗米庵と号したと伝わる。現在宮内庁で保存されている『動植綵絵』三十幅は代表作。寛政12年(1800)歿、85歳。
価格
3,000,000円

伊藤若冲
【鶏螽斯図】

ぎょろりとした目を瞬かせて、虫を凝視する鶏。バッタや蟷螂などは鶏の好物のため、今か今かと仕留める瞬間を狙っているのでしょう。実に表情豊かに描き出しています。
作品番号
D-83
作品名
鶏螽斯図
作者
伊藤若冲
作品詳細
紙本水墨 箱入 28.5×99 40.5×182.5cm
表具少ヤケ 本紙少シミ・修復痕
作家略歴
江戸中期の画家。京都錦小路の青物問屋に生まれる。字は景和、斗米庵とも号す。幼少より画を好み、初め狩野派に学びのち宋元画の模写に励む。花鳥画、殊に鶏画を得意とし、飼育する鶏を熟視し描いたという。絵を求める人があれば米1斗をもってこれにかえたため、斗米庵と号したと伝わる。現在宮内庁で保存されている『動植綵絵』三十幅は代表作。寛政12年(1800)歿、85歳。
価格
3,000,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。