森狙仙画 黄檗華頂賛 親子猿図
2020年6月14日
岸駒 猛虎
2020年6月14日

円山応挙
【遊狗子図】

応挙の作品の中でも、最も人気のある狗子図。左右の狗のやわらかな毛書きと中央の背をむけた白狗の対比が、仔犬のかわいらしさを良く表しています。
作品番号
D20-089
作品名
遊狗子図
作者
円山応挙
作品詳細
絹本着色 箱入 34×103 43.5×186cm
天明7年(1787)55歳 少シミ
作家略歴
江戸中期の絵師。円山派の祖。丹波国桑田郡穴太村に農家の次男として生まれる。10代の頃に京都に奉公に出た先で眼鏡絵に出会い、主人の勧めもあって石田幽汀に狩野派の画法を学び始め、画家としての頭角を現す。写生に最も重きを置いたことでも知られる。夏雲、雪汀、一嘯、仙嶺、僊斎、星聚館、鴨水漁史、攘雲、洛陽仙人と号す。応門十哲を始めとした数々の門人たちの指導にもあたった。寛政7年(1795)歿、63歳。
価格
6,500,000円

円山応挙
【遊狗子図】

応挙の作品の中でも、最も人気のある狗子図。左右の狗のやわらかな毛書きと中央の背をむけた白狗の対比が、仔犬のかわいらしさを良く表しています。
作品番号
D20-089
作品名
遊狗子図
作者
円山応挙
作品詳細
絹本着色 箱入 34×103 43.5×186cm
天明7年(1787)55歳 少シミ
作家略歴
江戸中期の絵師。円山派の祖。丹波国桑田郡穴太村に農家の次男として生まれる。10代の頃に京都に奉公に出た先で眼鏡絵に出会い、主人の勧めもあって石田幽汀に狩野派の画法を学び始め、画家としての頭角を現す。写生に最も重きを置いたことでも知られる。夏雲、雪汀、一嘯、仙嶺、僊斎、星聚館、鴨水漁史、攘雲、洛陽仙人と号す。応門十哲を始めとした数々の門人たちの指導にもあたった。寛政7年(1795)歿、63歳。
価格
6,500,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。