森狙仙 青麦に狐 月下狸 双幅
円山応挙 巌上瀧飛小魚之図

小林一茶
【狗句賛】

秋の日の昼下がり、陽気についうとうとする仔犬。まろやかな線でぽってりと描かれた仔犬を見ていると、一茶の小さきものへのあたたかなまなざしが伝わってくるようである。
作品番号
D20-038
作品名
狗句賛
作者
小林一茶
作品詳細
「狗の とさりと 寝まる おち葉かな 犬も 一茶」
紙本水墨 箱入 56.5×38 60.5×125cm
作家略歴
江戸後期の俳人。信濃生。幼名は弥太郎、号に俳諧寺・蘇生坊等。諱は信之。江戸へ出て、二六庵竹阿に俳諧を学ぶ。諸国を遊歴したのち帰郷。二万句以上を残した。著書に、句日記『七番日記』、俳諧集『おらが春』等。文政10年(1827)歿、65歳。
価格
350,000円

小林一茶
【狗句賛】

秋の日の昼下がり、陽気についうとうとする仔犬。まろやかな線でぽってりと描かれた仔犬を見ていると、一茶の小さきものへのあたたかなまなざしが伝わってくるようである。
作品番号
D20-038
作品名
狗句賛
作者
小林一茶
作品詳細
「狗の とさりと 寝まる おち葉かな 犬も 一茶」
紙本水墨 箱入 56.5×38 60.5×125cm
作家略歴
江戸後期の俳人。信濃生。幼名は弥太郎、号に俳諧寺・蘇生坊等。諱は信之。江戸へ出て、二六庵竹阿に俳諧を学ぶ。諸国を遊歴したのち帰郷。二万句以上を残した。著書に、句日記『七番日記』、俳諧集『おらが春』等。文政10年(1827)歿、65歳。
価格
350,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
  • 狩野立信 散桜図 色紙

    はらはらと散り始めた桜を描いた色紙サイズの作品です。儚げで楚々とした佇まいが素敵です。
  • 古澤雪田 夏花草虫図

    瑞々しく茂る色とりどりの植物の中に、沢山の小さな虫たちが生き生きと描かれています。古澤雪田は瀧和亭門下で師と同じく花鳥画をよくしています。
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 五梅田幹 牡丹双鳥図

    長崎派とは、江戸時代に長崎に興った絵画の諸派の総称です。五梅田幹の略歴は不明ですが、南蘋派の影響を窺わせるものがあります。小禽のつぶらな瞳に目が離せません。
  • 岡本秋暉 枇杷小禽之図

    たわわに実る枇杷の木に集う鳥たちを、活き活きと描き出しています。孔雀画を得意とした秋暉だけに、やはり羽根の表現は精緻に富んでいます。