狸 に関する作品は、6品あります。

ページ 1 中 1


売約済

森狙仙 青麦に狐 月下狸 双幅

月下に土を掘り餌を探す狸と、青麦を飛び越える狐。春と秋の掛け物の双幅です。


森狙仙 狸図 小品

小さな作品ですが、毛の一本一本が丁寧に描かれ、柔らかな質感が表現されています。


売約済

森一鳳 朧月古狸図

寂しげに朧月を見上げる古狸。鈴虫の鳴き声と肌寒い秋の夜の情景を思い起こさせます。兄弟子の寛斎は京都、一鳳は大坂画壇で活躍しました。


木島桜谷 老狸

多くの動物画を描いた桜谷ですが、なかでも狸は秋の月と共に描かれることが多いようです。秋草の中のアザミが画面に彩りを添えています。


売約済

山口素絢 宇婆良古伎能図

動物が歌舞する愛嬌のある作品。


吉村鳳柳 月下狸之図

朧月に照らされて、ひたひたと歩を進める狸。秋の夜のひっそりとした情景が、狸の冷ややかな表情とリンクし、思わず眼を奪われます。


ページ 1 中 1