• 狩野景則 高砂 三幅対

    能の演目としてもお馴染みの「高砂」を題材に、鶴や亀、松などを描いたおめでたい三幅対です。長寿祈願としても。
  • 横山清暉 水月時鳥図

    シンプルな画題ですが、水に映る月明りの表現が斬新で、刻々と移りゆく時の流れさえも感じさせます。
  • 高橋草山・前川文嶺・前川孝嶺他 十二支合作

    各自が得意分野を描いたのかは不明ですが、それぞれの筆遣いに味わいがあり、見ていて楽しい干支図です。
  • 堀江友聲 猛虎図

    にんまりと不敵な笑みを浮かべる一頭の虎。強い風に吹かれながらもしっかりと大地を踏みしめ、力強さを感じさせます。
    売約済
  • 谷文晁 群蝶之図

    はらはらと飛び立つ蝶の群れ。色とりどりの色合いが華やかさを、そして羽のシルエットからは穏やかな風の流れを感じさせます。
  • 山口素絢 雲龍図

    応門十哲の一人、山口素絢の雲龍図です。雲の向こうからゆったりと飛んでくる龍の情景が目に浮かぶようです。
  • 円山応挙 柳下狗子図

    柳の下で戯れる仔犬が愛らしい、応挙による狗子図です。応挙は生涯に数多くの仔犬の絵を残していますが、眉の部分が白く抜かれた犬をよく描いており、一説には応挙が飼って可愛がった愛犬ではないかと言われています。
  • 野口幽谷 月下碧梧紫薇図

    月明りに照らされる梧桐と紫薇(サルスベリ)。よく見るとその枝で羽根を休める二羽の鳥がいます。夏の夜の湿度まで感じさせる作品です。明治28年幽谷70歳の作。
  • 森周峰 松下五鶴図

    松と鶴。どちらも長寿を象徴する題材を厳かに描いています。猿画の名手で森派の祖として知られる森狙仙の兄、森周峰による作。
  • 菊池容斎 墨梅小禽図

    潔く水墨で描かれた梅の枝に、可愛らしく佇む一羽の雀。モチーフの対比が絶妙です。歴史画を得意とした容斎の花鳥画です。
  • 歌川芳虎 柳下秘戯図

    柳の下でなにやら戯れる男女。本を読みながらも関心は女性の方へと移ってしまったようです。江戸末期の浮世絵師、歌川芳虎による春画です。
  • 猪飼嘯谷 一乃谷勇断図

    多くの作家に描かれている義経の「鵯越の逆落とし」ですが、本作が描くのはまさに今、馬を落とした瞬間。馬の様子を見つめる義経の眼差しから、緊張感が伝わってきます。
  • 幕末明治期 戯画三猿図

    「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を人間に見立て、ユーモラスに描いています。三猿のモチーフは、庚申信仰の伝播とともに近世以降広く用いられるようになったと言われています。
  • 土佐光孚 秋草双鶉図

    羽根の一枚一枚まで緻密に描かれた鶉の図。10歳の頃より襖や布障子に絵を描いていたという、土佐派の画家・土佐光孚による作品です。
  • 森一鳳 雪柳双鳥図

    雪の積もる柳の木と二羽の鴉。日常の簡素な情景を、絶妙な構図で描いています。写生を基本とした一鳳ならではの情趣ある作品です。
  • 曼殊院良尚法親王 蓮池双鷺画賛

    大きな蓮の葉の陰に、よく見ると二羽の鷺が隠れています。狩野尚信に画を学んだ曼殊院門跡二十九世・良尚法親王の作。
  • 川端玉章 狗之図

    仔犬の特徴を的確にとらえつつ、愛らしさも盛り込んだ描写力が見事です。円山派の中島来章や洋画家の高橋由一にも学んだ川端玉章の作。
  • 北澤楽天 竹之宿

    雀も虎も同じ竹を宿として寛いでいる様子が描かれた、漫画家ならではの風刺的な目線が楽しい作品です。虎の表情が何とも言えずいい味を出しています。
  • 内海吉堂 不老長春図

    「不老長春」とは長寿の象徴とされる老松と、長春花とされる薔薇を配した画題のこと。不老不死の理想郷ともされています。
  • 伝長沢芦雪画 皆川淇園賛 秋蝉画賛

    秋になって鳴く蝉の聲は、季節の移り変わりを感じさせます。
  • 狩野尚信 維摩・花鳥 三幅対

    木挽町狩野家の開祖、狩野尚信による三幅対です。維摩とは大乗仏教経典の一つである「維摩経」の主人公で、在家のまま大乗仏教の奥義に達したとされ、架空の人物ながら禅宗では理想像とされています。
  • 吉村鳳柳 猛虎図

    森二鳳の門下であり森派の画法を学んだ吉村鳳柳は、動物画を得意とし円山派の重鎮として活躍しました。毛並みの質感まで表すような、滑らかな筆遣いが印象的です。
  • 山口素絢 兎之図

    師である応挙の兎図を参考にしたのでしょうか。表情が少しユーモラスになっているのはご愛敬。見ていて楽しい兎図です。
  • 紀広成 せきれいの図

    老松の根元に佇む一羽の鶺鴒。二十四節気の「白露」の頃に鶺鴒が鳴き、秋の訪れを告げると言われています。静けさの中、鶺鴒の鳴き声が聴こえてくるかのような作品です。
 

特集

 
1 / 2