沖一峨 月下群雁図
英一蝶 萩垣菊小禽

竹内栖鳳
【枯芦鶺鴒図】

身近な小動物を多く描いた栖鳳の鶺鴒図。枯葦のそばに佇む一羽の鶺鴒の姿に物悲しさを感じます。東京美術倶楽部鑑定書有。
作品番号
D20-067
作品名
枯芦鶺鴒図
作者
竹内栖鳳
作品詳細
紙本水墨淡彩 共箱 二重箱入 30×116 39.5×193cm
少オレ 二重箱蓋傷ミ 東京美術倶楽部鑑定証
作家略歴
日本画家。京都生。本名恒吉。最初は棲鳳と号す。別号に霞中庵。17歳の時に四条派幸野楳嶺の私塾へ入門。その才能を開花させ、楳嶺四天王の筆頭と呼ばれるようになる。京都府画学校卒。東の横山大観と並び称される京都画壇の重鎮である一方、後進の指導にも積極的に取り組んだ。画塾『竹杖会』を主宰し、門下には上村松園や西山翠嶂をはじめとして土田麦僊や小野竹喬、橋本関雪など、そうそうたる面々が並ぶ。昭和12年(1937)第一回文化勲章受章。昭和17年(1942)歿、78歳。
販売状況
売約済み

竹内栖鳳
【枯芦鶺鴒図】

身近な小動物を多く描いた栖鳳の鶺鴒図。枯葦のそばに佇む一羽の鶺鴒の姿に物悲しさを感じます。東京美術倶楽部鑑定書有。
作品番号
D20-067
作品名
枯芦鶺鴒図
作者
竹内栖鳳
作品詳細
紙本水墨淡彩 共箱 二重箱入 30×116 39.5×193cm
少オレ 二重箱蓋傷ミ 東京美術倶楽部鑑定証
作家略歴
日本画家。京都生。本名恒吉。最初は棲鳳と号す。別号に霞中庵。17歳の時に四条派幸野楳嶺の私塾へ入門。その才能を開花させ、楳嶺四天王の筆頭と呼ばれるようになる。京都府画学校卒。東の横山大観と並び称される京都画壇の重鎮である一方、後進の指導にも積極的に取り組んだ。画塾『竹杖会』を主宰し、門下には上村松園や西山翠嶂をはじめとして土田麦僊や小野竹喬、橋本関雪など、そうそうたる面々が並ぶ。昭和12年(1937)第一回文化勲章受章。昭和17年(1942)歿、78歳。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 長沢芦雪 木芙蓉白鶏図

    凛々しく描かれた鶏の番と足元に群がる雛の愛らしさ。双方の対比が面白い一幅です。『香雲軒蔵品入札目録』(昭和12年)並『東海道島田町秋野家及某家所蔵品入札』並『古画総覧』所載有。
  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
    売約済
  • 狩野立信 散桜図 色紙

    はらはらと散り始めた桜を描いた色紙サイズの作品です。儚げで楚々とした佇まいが素敵です。
  • 古澤雪田 夏花草虫図

    瑞々しく茂る色とりどりの植物の中に、沢山の小さな虫たちが生き生きと描かれています。古澤雪田は瀧和亭門下で師と同じく花鳥画をよくしています。
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 五梅田幹 牡丹双鳥図

    長崎派とは、江戸時代に長崎に興った絵画の諸派の総称です。五梅田幹の略歴は不明ですが、南蘋派の影響を窺わせるものがあります。小禽のつぶらな瞳に目が離せません。