木村武山 寒牡丹
2022年11月11日

菊池芳文
【狗子之図】

遊び疲れたのでしょうか。羽子板の羽根の隣で、すやすやと眠る子犬が愛らしい一幅です。
作品番号
D22-038
作品名
狗子之図
作者
菊池芳文
作品詳細
紙本水墨淡彩 共箱 30×133 41.5×97cm
明治42年己酉(1909)48歳 本紙微少シミ・少オレ
作家略歴
明治~大正の日本画家。大阪生。本姓は三原、名は常次郎。大坂で表具師三原三郎兵衛の次男として生まれ、のち菊池家の養子となった。四条派の幸野楳嶺に学び、同門の竹内栖鳳、都路華香、谷口香嶠とともに楳嶺門下の四天王に数えられる。特に花鳥画、桜の絵を得意とし、「桜の芳文」と称されて京都画壇で活躍した。京都絵画専門学校教授、文展審査員。日本画家の菊池契月は女婿。大正7年(1918)歿、57歳。
販売状況
売約済み

菊池芳文
【狗子之図】

遊び疲れたのでしょうか。羽子板の羽根の隣で、すやすやと眠る子犬が愛らしい一幅です。
作品番号
D22-038
作品名
狗子之図
作者
菊池芳文
作品詳細
紙本水墨淡彩 共箱 30×133 41.5×97cm
明治42年己酉(1909)48歳 本紙微少シミ・少オレ
作家略歴
明治~大正の日本画家。大阪生。本姓は三原、名は常次郎。大坂で表具師三原三郎兵衛の次男として生まれ、のち菊池家の養子となった。四条派の幸野楳嶺に学び、同門の竹内栖鳳、都路華香、谷口香嶠とともに楳嶺門下の四天王に数えられる。特に花鳥画、桜の絵を得意とし、「桜の芳文」と称されて京都画壇で活躍した。京都絵画専門学校教授、文展審査員。日本画家の菊池契月は女婿。大正7年(1918)歿、57歳。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。