長沢芦雪
【竹石亀図】

芦雪作品には時折絶妙な構図の作品が登場します。こちらは手前の余白部分に亀がきゅっと収まっており、少し不思議な構図を作り出しています。描こうとするものがはみ出そうになれば、そのまま気にせず画面に押し込んで描き切ってしまう。そうした所に芦雪の既成概念に囚われない自由さと、伸び伸びと描くことを楽しんでいる様が映し出されているかのようです。
作品番号
D-98
作品名
竹石亀図
作者
長沢芦雪
作品詳細
紙本水墨 箱入 28.5×103 41.5×194cm
本紙微少オレ
作家略歴
江戸中期の絵師。山城国淀生。名は政勝・魚、字は氷計・引裾、通称は主計、別号に干洲漁者・干緝。円山応挙の門下に入るが、幾度となく破門されたとの説も残る。しかし応挙はその才も認めており、天明6年和歌山県無量寺の落成にあたり、親しい住職に記念の作を届けるため芦雪を大抜擢したという。芦雪はそこで自身の才能をいかんなく発揮、串本に多くの作品を残した。画風は自由奔放、奇抜そのもので、同時代の曽我蕭白、伊藤若冲とともに「奇想派」などと言われる。寛政11年(1799)歿、45歳。
価格
550,000円

長沢芦雪
【竹石亀図】

芦雪作品には時折絶妙な構図の作品が登場します。こちらは手前の余白部分に亀がきゅっと収まっており、少し不思議な構図を作り出しています。描こうとするものがはみ出そうになれば、そのまま気にせず画面に押し込んで描き切ってしまう。そうした所に芦雪の既成概念に囚われない自由さと、伸び伸びと描くことを楽しんでいる様が映し出されているかのようです。
作品番号
D-98
作品名
竹石亀図
作者
長沢芦雪
作品詳細
紙本水墨 箱入 28.5×103 41.5×194cm
本紙微少オレ
作家略歴
江戸中期の絵師。山城国淀生。名は政勝・魚、字は氷計・引裾、通称は主計、別号に干洲漁者・干緝。円山応挙の門下に入るが、幾度となく破門されたとの説も残る。しかし応挙はその才も認めており、天明6年和歌山県無量寺の落成にあたり、親しい住職に記念の作を届けるため芦雪を大抜擢したという。芦雪はそこで自身の才能をいかんなく発揮、串本に多くの作品を残した。画風は自由奔放、奇抜そのもので、同時代の曽我蕭白、伊藤若冲とともに「奇想派」などと言われる。寛政11年(1799)歿、45歳。
価格
550,000円


left
no-repeat;left top;;
auto


left
no-repeat;left top;;
auto


no-repeat;left top;;
auto


left
no-repeat;left top;;
auto


left
left
no-repeat;left top;;
auto
40px 20px 40px 20px


left
left
no-repeat;left top;;
auto
40px 20px 40px 20px

Heading

この作品をご覧の方は、他にもこのような作品をご覧になられています。

center
no-repeat;left top;;
auto
0 8%

6
masonry-hover
3
date
DESC