平福穂庵 登龍門図 双幅
2022年10月3日

佐野光穂
【龍門の鯉】

泳ぎ回る鯉たちを瑞々しく表現した作品です。鯉の描き込みに対し、画面上部の滝を最少限の筆致で表現することにより、空間と奥行、そしてイメージを膨らませる軽やかさが加わっています。
作品番号
D22-050
作品名
龍門の鯉
作者
佐野光穂
作品詳細
絹本着色金泥 共箱 二重箱入 43×137 57.5×233cm
微少シミ
作家略歴
明治~昭和の日本画家。長野県生。名は金治郎。号に省峰、契明、泥牛など。はじめ同郷の菊池契月に師事して四条派を修め、のち富田渓仙の門に転じた。花鳥画を能くした。日本美術院院友。昭和35年(1960)歿、64歳。
価格
45,000円

佐野光穂
【龍門の鯉】

泳ぎ回る鯉たちを瑞々しく表現した作品です。鯉の描き込みに対し、画面上部の滝を最少限の筆致で表現することにより、空間と奥行、そしてイメージを膨らませる軽やかさが加わっています。
作品番号
D22-050
作品名
龍門の鯉
作者
佐野光穂
作品詳細
絹本着色金泥 共箱 二重箱入 43×137 57.5×233cm
微少シミ
作家略歴
明治~昭和の日本画家。長野県生。名は金治郎。号に省峰、契明、泥牛など。はじめ同郷の菊池契月に師事して四条派を修め、のち富田渓仙の門に転じた。花鳥画を能くした。日本美術院院友。昭和35年(1960)歿、64歳。
価格
45,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。