狩野尚信 竹雀図
狩野安信 梅竹小禽図 双幅

吉村孝敬
【二鶴図 大幅】

鶴の大きさを大画面にダイナミックに描いた本作は、脚や顔の描き方に円山派ならではのリアリティがあります。応挙門下十哲の一人、吉村孝敬による作。
作品番号
D21-002
作品名
二鶴図 大幅
作者
吉村孝敬
作品詳細
絹本水墨淡彩 55×127 70×200cm
文政7年(1824)56歳 オレ・少傷ミ
作家略歴
江戸後期円山派の画家。京都生。吉村蘭洲の長男。名は無違、号を蘭陵・竜山。幼少より絵師の父から絵を習い、早くに父蘭洲と同じく応挙の門に入ったと考えられる。円山応挙の門人で、門下十哲の一人。寛政10年、小石元俊指導で行われた腑分けに、父蘭洲、応挙の次男・木下応受と共に同席して解剖図を描いている。本願寺本如上人に仕え、同寺の障壁画を手がけた。天保7年(1836)歿、68歳。
価格
38,000円

吉村孝敬
【二鶴図 大幅】

鶴の大きさを大画面にダイナミックに描いた本作は、脚や顔の描き方に円山派ならではのリアリティがあります。応挙門下十哲の一人、吉村孝敬による作。
作品番号
D21-002
作品名
二鶴図 大幅
作者
吉村孝敬
作品詳細
絹本水墨淡彩 55×127 70×200cm
文政7年(1824)56歳 オレ・少傷ミ
作家略歴
江戸後期円山派の画家。京都生。吉村蘭洲の長男。名は無違、号を蘭陵・竜山。幼少より絵師の父から絵を習い、早くに父蘭洲と同じく応挙の門に入ったと考えられる。円山応挙の門人で、門下十哲の一人。寛政10年、小石元俊指導で行われた腑分けに、父蘭洲、応挙の次男・木下応受と共に同席して解剖図を描いている。本願寺本如上人に仕え、同寺の障壁画を手がけた。天保7年(1836)歿、68歳。
価格
38,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 森狙仙 雪中猛虎図

    水墨でさらりと描かれた虎ですが、臨場感にあふれ、生き生きとした様子が伝わってきます。日本画家、川村曼舟の箱書あり。
  • 谷文晁 猫捕鼠

    その自由で躍動感のある動きや、愛らしい表情やしぐさなど、古くから多くの画家を魅了してきた猫ですが、狩猟本能を感じさせる瞬間を描いた作品も少なくありません。弱肉強食を彷彿とさせる画題ですが、文晁は愛嬌を込めて表現しています。
  • 山口素絢 柏に蝉図

    応門十哲の一人、山口素絢による作品です。美人画を得意とした素絢ですが、動物や虫、鬼なども多く描いています。
  • 土佐光貞 寒月図

    冴え冴えとした冬の夜、水に張った薄氷に月が写り込み、水面が光り輝く。幻想的な情景が目に浮かびます。
  • 土佐光文 朧月落花帰雁之図

    「雁帰る」という季語にもあるように、まるで春を象徴したかのような、華やかで瑞々しく、活き活きとした生命力を感じさせる一幅です。
  • 吉村孝敬 左)熊 中)蜘蛛 右)鷹 三幅対

    応門十哲の一人、吉村孝敬の三幅対です。熊に鷹、そして蜘蛛という珍しい組み合わせや、凛とした雰囲気も魅力です。