内海吉堂 不老長春図
山口素絢 兎之図

吉村鳳柳
【猛虎図】

森二鳳の門下であり森派の画法を学んだ吉村鳳柳は、動物画を得意とし円山派の重鎮として活躍しました。毛並みの質感まで表すような、滑らかな筆遣いが印象的です。
作品番号
D20-150
作品名
猛虎図
作者
吉村鳳柳
作品詳細
絹本着色金泥 共箱 50.5×121 64.5×211cm
大正6年(1917)43歳 表具微少オレ 本紙微少シミ・少オレ 印譜裂表具
作家略歴
日本画家。大阪生。名は久吉。森二鳳門下。森派の画を学んで特に動物画を能くし、狸、虎、猿、鹿を最も得意とした。円山派の重鎮として活躍。明治7年(1874)生。歿年未詳。
価格
180,000円

吉村鳳柳
【猛虎図】

森二鳳の門下であり森派の画法を学んだ吉村鳳柳は、動物画を得意とし円山派の重鎮として活躍しました。毛並みの質感まで表すような、滑らかな筆遣いが印象的です。
作品番号
D20-150
作品名
猛虎図
作者
吉村鳳柳
作品詳細
絹本着色金泥 共箱 50.5×121 64.5×211cm
大正6年(1917)43歳 表具微少オレ 本紙微少シミ・少オレ 印譜裂表具
作家略歴
日本画家。大阪生。名は久吉。森二鳳門下。森派の画を学んで特に動物画を能くし、狸、虎、猿、鹿を最も得意とした。円山派の重鎮として活躍。明治7年(1874)生。歿年未詳。
価格
180,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 塩川文麟 線香花火図

    線香花火には持ち手が藁の「すぼて」と、全体が紙で出来たこより状の「長手」の二種類があり、ここに描かれているのは関西で多く見られる「すぼて」の線香花火です。夏の夜の湿度さえ感じさせる、風情のある一幅です。
  • 岸駒 猛虎図 大幅

    この時代、虎は想像で描かれるのが一般的でしたが、岸駒は中国の商人より虎の頭蓋骨を手に入れ、虎の皮を被せて写生に励んだと云われています。
  • 松平不昧 馬図

    楽しそうに駆け回る馬を生き生きと描いています。大名茶人である不昧公は書や画、和歌に陶芸など、どれも第一級の腕前でした。
  • 竹内栖鳳 葱の花

    葱坊主の茎の上で、なにやらひそひそと話をしているかのような二匹の蟻。一日一回の写生を自身に課していた栖鳳らしく、日常の何気ない一瞬を捉えた瑞々しい作品です。
  • 中山愛親賛 呉春画 人間萬事西行猫

    「人間萬事西行猫」とは、西行がその昔、頼朝から講武の褒美に貰った銀製の猫を、屋敷の門外の童に与えたとされる「西行銀猫」の話を元にしており、人間とはあらゆる面において欲を捨てる事を説いています。
  • 山口素絢 檜樹鷹図

    樹の枝に止まり、一休みしているかに見える鷹。その足元には小鳥が身動きもとれぬまま捕らえられています。狩の名手である鷹にかかれば為す術もありません。緊張感溢れる場面を静謐な筆遣いで描いています。
    売約済