竹内栖鳳 天開図
2020年5月22日
竹内栖鳳 二雀
2020年5月22日

増田九木
【老松虎】

増田九木は出羽の国本庄藩の御用絵師。岸駒、文晁に師事し良寛と交友を持った。本作は松下で咆哮する猛虎を描く。その存在感と毛描の確かな質感からは九木の技量の高さが伺え、師の岸駒にも劣るものではない。
作品番号
D20-029
作品名
老松虎
作者
増田九木
作品詳細
絹本着色 箱入 56.5×145 73×225cm
本紙少オレ
作家略歴
江戸後期の画家。秋田生。名を国文、後に曽文と改める。生地三森に因み「九木」の雅号を名乗った。京都で岸駒に学び、後に江戸で谷文晁に師事。長い間旅に暮らし、越後を訪れた際には良寛と親交を持ったという。天保5年には画道をもって士分に採り立てられ、本荘藩六郷氏のお抱え絵師として活躍した。嘉永元年(1848)歿、66歳。
販売状況
売約済み

増田九木
【老松虎】

増田九木は出羽の国本庄藩の御用絵師。岸駒、文晁に師事し良寛と交友を持った。本作は松下で咆哮する猛虎を描く。その存在感と毛描の確かな質感からは九木の技量の高さが伺え、師の岸駒にも劣るものではない。
作品番号
D20-029
作品名
老松虎
作者
増田九木
作品詳細
絹本着色 箱入 56.5×145 73×225cm
本紙少オレ
作家略歴
江戸後期の画家。秋田生。名を国文、後に曽文と改める。生地三森に因み「九木」の雅号を名乗った。京都で岸駒に学び、後に江戸で谷文晁に師事。長い間旅に暮らし、越後を訪れた際には良寛と親交を持ったという。天保5年には画道をもって士分に採り立てられ、本荘藩六郷氏のお抱え絵師として活躍した。嘉永元年(1848)歿、66歳。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。