渡部解古 松下孔雀図屏風 四曲半双
2024年2月7日
島成園 猿廻し
2023年11月11日

木島桜谷
【雪中遊鹿】

凍てついた雪山で遊ぶ鹿の群れ。雪は描かず、滲みだけで表現された繁みの上に、僅かに胡粉の粒を載せることで雪を表現するという、桜谷の画力の巧みさが存分に活かされた一幅です。
作品番号
D-51
作品名
雪中遊鹿
作者
木島桜谷
作品詳細
絹本着色 共箱 41×111 56 × 194.5cm
少シミ・微少オレ
作家略歴
明治~昭和の四条派の日本画家。京都生。名は文治郎、字は文質、別号に聾廬迂人・龍池草堂主人。16歳で当時京都画壇の大家であった今尾景年に師事する。円山四条派の伝統を組んで写生を基本とし、山水・花鳥・人物、特に動物の描写に優れた。「最後の四条派」とも称される。儒医・山本渓愚について漢籍を学んでいたことから、故事や史実にも通じた。昭和13(1938)年歿、62歳。現在、旧邸宅が櫻谷文庫として保存されている。
価格
550,000円

木島桜谷
【雪中遊鹿】

凍てついた雪山で遊ぶ鹿の群れ。雪は描かず、滲みだけで表現された繁みの上に、僅かに胡粉の粒を載せることで雪を表現するという、桜谷の画力の巧みさが存分に活かされた一幅です。
作品番号
D-51
作品名
雪中遊鹿
作者
木島桜谷
作品詳細
絹本着色 共箱 41×111 56 × 194.5cm
少シミ・微少オレ
作家略歴
明治~昭和の四条派の日本画家。京都生。名は文治郎、字は文質、別号に聾廬迂人・龍池草堂主人。16歳で当時京都画壇の大家であった今尾景年に師事する。円山四条派の伝統を組んで写生を基本とし、山水・花鳥・人物、特に動物の描写に優れた。「最後の四条派」とも称される。儒医・山本渓愚について漢籍を学んでいたことから、故事や史実にも通じた。昭和13(1938)年歿、62歳。現在、旧邸宅が櫻谷文庫として保存されている。
価格
550,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。