亀 に関する作品は、9品あります。

ページ 1 中 1


長沢芦雪(長澤蘆雪) 牡丹石雀図

見どころにあふれた芦雪の優品です。


狩野景則 高砂 三幅対

能の演目としてもお馴染みの「高砂」を題材に、鶴や亀、松などを描いたおめでたい三幅対です。長寿祈願としても。


岸竹堂 十長生之図 大幅

十長生とは日・水・松・鶴・亀・鹿・不老草に、山・雲・月・石・竹のうちいずれか三つを加えた10個の不老長生の象徴物のこと。こちらの図には亀が居ないかと思いきや、手前右下の水面からひょっこりと顔を出しています。


岡本豊彦 梅亀図 南極寿星図 竹鶴図 三幅対

長寿の象徴でもある鶴と亀、南極寿星の三幅対です。


商談中

呉春画 伴高蹊賛 亀之図

四条派の開祖・呉春と江戸後期の歌人・伴高蹊による作品。


円山応挙 旭飛鶴之図 池水亀之図 双幅

円山派の祖である円山応挙による鶴亀図双幅です。


円山応挙 游亀図

ゆったりと泳ぎ戯れる亀と、それを見守る親子らしき亀達の微笑ましい作品です。明治期の日本画家で川端玉章の息子、川端茂章による箱書有。


円山応挙 巌上瀧飛小魚之図

天明6年、応挙53歳の作。緻密に描かれているものの、なんともゆったりとした雰囲気の漂う作品。


中林竹渓 竹亀図

甲羅干しのため、背に乗る子亀に思わず頬が緩みます。


ページ 1 中 1