狩野探幽 猿猴水禽図 大幅
2022年3月1日
狩野尚信 喜雀図 小品
2022年2月16日

岸駒
【崖下猛虎飲水図】

虎が水を飲む画は割とありますが、こちらの虎の表情には得も言われぬ迫力を感じさせます。「岸駒の虎」と称されるほどの虎画名手であった岸駒、29歳時の作品です。
作品番号
D22-010
作品名
崖下猛虎飲水図
作者
岸駒
作品詳細
絹本着色 箱入 55×124 69×206cm
天明4年(1784)29歳 微少修復痕
作家略歴
江戸後期の絵師。金沢生。商家に生まれる。岸派の祖。字は賁然、号は可観堂等。狩野派・沈南蘋派・円山派などあらゆる画風を学び、折衷した。有栖川宮家・京都御所・金沢城の障壁画などを手がけ、各地の大名からの依頼も多かった。「岸駒の虎」と称されるほど、虎の画を得意とした。天保9年(1838)歿、83歳(一説に90歳)。
価格
3,800,000円

岸駒
【崖下猛虎飲水図】

虎が水を飲む画は割とありますが、こちらの虎の表情には得も言われぬ迫力を感じさせます。「岸駒の虎」と称されるほどの虎画名手であった岸駒、29歳時の作品です。
作品番号
D22-010
作品名
崖下猛虎飲水図
作者
岸駒
作品詳細
絹本着色 箱入 55×124 69×206cm
天明4年(1784)29歳 微少修復痕
作家略歴
江戸後期の絵師。金沢生。商家に生まれる。岸派の祖。字は賁然、号は可観堂等。狩野派・沈南蘋派・円山派などあらゆる画風を学び、折衷した。有栖川宮家・京都御所・金沢城の障壁画などを手がけ、各地の大名からの依頼も多かった。「岸駒の虎」と称されるほど、虎の画を得意とした。天保9年(1838)歿、83歳(一説に90歳)。
価格
3,800,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。