岸連山 蝙蝠図
2022年12月17日

椿椿山
【富貴花雛雀図】

艶やかに咲き誇る牡丹の横には二羽の雀。一方はしきりに話しかけ、もう一方はだんまりを決め込んでいるようにも見えます。美しい花も、雀の賑やかな囀りには負けるようです。
作品番号
D-4
作品名
富貴花雛雀図
作者
椿椿山
作品詳細
絹本着色 白須心華箱書 箱入 42×106.5 56×204cm
弘化元年(1844)44歳 渡辺甚七氏旧蔵・出陳票有 佳品
作家略歴
江戸後期の文人画家。江戸生。名は弼、字は篤甫、別号に琢華堂・休菴・羅漢等。世襲して幕府の槍組同心を務める傍ら、画を金子金陵・渡辺崋山に師事する。のちに辞職、画業・学問に専念した。俳諧・煎茶にも通じた。琢華堂を開き、広く門人を受け入れた。代表作に「渡辺崋山像」。安政元年(1854)歿、54歳。
販売状況
売約済み

椿椿山
【富貴花雛雀図】

艶やかに咲き誇る牡丹の横には二羽の雀。一方はしきりに話しかけ、もう一方はだんまりを決め込んでいるようにも見えます。美しい花も、雀の賑やかな囀りには負けるようです。
作品番号
D-4
作品名
富貴花雛雀図
作者
椿椿山
作品詳細
絹本着色 白須心華箱書 箱入 42×106.5 56×204cm
弘化元年(1844)44歳 渡辺甚七氏旧蔵・出陳票有 佳品
作家略歴
江戸後期の文人画家。江戸生。名は弼、字は篤甫、別号に琢華堂・休菴・羅漢等。世襲して幕府の槍組同心を務める傍ら、画を金子金陵・渡辺崋山に師事する。のちに辞職、画業・学問に専念した。俳諧・煎茶にも通じた。琢華堂を開き、広く門人を受け入れた。代表作に「渡辺崋山像」。安政元年(1854)歿、54歳。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。