福田平八郎 狗子
今尾景年 破笠蛙春草図

橋本雅邦
【虎乗豹児図】

親の背に乗り、水辺で戯れる虎の親子。古来豹は雌の虎とされていました。ユーモラスな表情が魅力的な作品です。橋本雅邦の三男・橋本秀邦箱書。東京美術倶楽部鑑定証有。
作品番号
D20-023
作品名
虎乗豹児図
作者
橋本雅邦
作品詳細
絹本着色 橋本秀邦箱書 二重箱入 50×119 65.5×217cm
美品 東京美術倶楽部鑑定証
作家略歴
幕末~明治の日本画家。江戸生。狩野晴川院養信の高弟で川越藩御用絵師、橋本養邦の子。幼名は千太郎、のち長卿。別号に克己斎・酔月画生等。狩野芳崖と共に狩野勝川院雅信門。維新後、フェノロサ・岡倉天心指揮のもと、狩野派の画法に洋画の技法を取り入れる等、従来の日本画の革新を試みた。また、東京美術学校発足に尽力、同校教授となる。のちに辞して日本美術院を創立、菱田春草・横山大観・下村観山・西郷孤月・川合玉堂ら近代日本美術を代表する作家を育成した。帝室技芸員。明治41年(1908)歿、72歳。
価格
850,000円

橋本雅邦
【虎乗豹児図】

親の背に乗り、水辺で戯れる虎の親子。古来豹は雌の虎とされていました。ユーモラスな表情が魅力的な作品です。橋本雅邦の三男・橋本秀邦箱書。東京美術倶楽部鑑定証有。
作品番号
D20-023
作品名
虎乗豹児図
作者
橋本雅邦
作品詳細
絹本着色 橋本秀邦箱書 二重箱入 50×119 65.5×217cm
美品 東京美術倶楽部鑑定証
作家略歴
幕末~明治の日本画家。江戸生。狩野晴川院養信の高弟で川越藩御用絵師、橋本養邦の子。幼名は千太郎、のち長卿。別号に克己斎・酔月画生等。狩野芳崖と共に狩野勝川院雅信門。維新後、フェノロサ・岡倉天心指揮のもと、狩野派の画法に洋画の技法を取り入れる等、従来の日本画の革新を試みた。また、東京美術学校発足に尽力、同校教授となる。のちに辞して日本美術院を創立、菱田春草・横山大観・下村観山・西郷孤月・川合玉堂ら近代日本美術を代表する作家を育成した。帝室技芸員。明治41年(1908)歿、72歳。
価格
850,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 長沢芦雪 木芙蓉白鶏図

    凛々しく描かれた鶏の番と足元に群がる雛の愛らしさ。双方の対比が面白い一幅です。『香雲軒蔵品入札目録』(昭和12年)並『東海道島田町秋野家及某家所蔵品入札』並『古画総覧』所載有。
  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
    売約済
  • 狩野立信 散桜図 色紙

    はらはらと散り始めた桜を描いた色紙サイズの作品です。儚げで楚々とした佇まいが素敵です。
  • 古澤雪田 夏花草虫図

    瑞々しく茂る色とりどりの植物の中に、沢山の小さな虫たちが生き生きと描かれています。古澤雪田は瀧和亭門下で師と同じく花鳥画をよくしています。
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 五梅田幹 牡丹双鳥図

    長崎派とは、江戸時代に長崎に興った絵画の諸派の総称です。五梅田幹の略歴は不明ですが、南蘋派の影響を窺わせるものがあります。小禽のつぶらな瞳に目が離せません。