東本願寺十八世 従如上人 花卉小禽図
2020年6月7日
大原呑舟 巌上孤鹿図
2020年6月7日

長沢芦雪(長澤蘆雪)
【旭日遊雀図】

動物画を好んで描いた長沢芦雪の雀図。その一匹一匹の雀の表情の豊かさからは、芦雪のいきものに対するあたたかな眼差しが感じられます。
作品番号
D20-078
作品名
旭日遊雀図
作者
長沢芦雪(長澤蘆雪)
作品詳細
紙本着色 箱入 28×94 41×159.5cm
本紙少ナメ有
作家略歴
江戸中期の絵師。山城国淀生。名は政勝・魚、字は氷計・引裾、通称は主計、別号に干洲漁者・干緝。円山応挙の門下に入るが、幾度となく破門されたとの説も残る。しかし応挙はその才も認めており、天明6年和歌山県無量寺の落成にあたり、親しい住職に記念の作を届けるため芦雪を大抜擢したという。芦雪はそこで自身の才能をいかんなく発揮、串本に多くの作品を残した。画風は自由奔放、奇抜そのもので、同時代の曽我蕭白、伊藤若冲とともに「奇想派」などと言われる。寛政11年(1799)歿、45歳。
価格
550,000円

長沢芦雪(長澤蘆雪)
【旭日遊雀図】

動物画を好んで描いた長沢芦雪の雀図。その一匹一匹の雀の表情の豊かさからは、芦雪のいきものに対するあたたかな眼差しが感じられます。
作品番号
D20-078
作品名
旭日遊雀図
作者
長沢芦雪(長澤蘆雪)
作品詳細
紙本着色 箱入 28×94 41×159.5cm
本紙少ナメ有
作家略歴
江戸中期の絵師。山城国淀生。名は政勝・魚、字は氷計・引裾、通称は主計、別号に干洲漁者・干緝。円山応挙の門下に入るが、幾度となく破門されたとの説も残る。しかし応挙はその才も認めており、天明6年和歌山県無量寺の落成にあたり、親しい住職に記念の作を届けるため芦雪を大抜擢したという。芦雪はそこで自身の才能をいかんなく発揮、串本に多くの作品を残した。画風は自由奔放、奇抜そのもので、同時代の曽我蕭白、伊藤若冲とともに「奇想派」などと言われる。寛政11年(1799)歿、45歳。
価格
550,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。