中林竹洞 梅下小禽図
松村景文 花鳥十二ヶ月短冊 十二幅対

土佐光起
【鶉】

江戸期の大和絵を代表する土佐派絵師、土佐光起の作品。鵯上戸でしょうか、赤い実をつけた秋草の傍に2羽の鶉が佇んでいます。鶉は光起が得意とした画題であり、それは本作においても精緻な羽毛の表現から窺うことが出来ます。
作品番号
D20-060
作品名
作者
土佐光起
作品詳細
絹本着色 箱入 46.5×31 58.5×115.5cm
本紙微少シミ
作家略歴
江戸前期土佐派の画家。和泉堺生。光則の子。幼名は藤満丸。室町末期、光元以来途絶えていた宮廷の絵所預職に復帰、狩野派や宋元画等諸派の画風も摂取して江戸時代の土佐様式を確立し、土佐家中興の祖とされる。法橋、法眼に叙す。元禄4年(1691)歿、75歳。
価格
550,000円

土佐光起
【鶉】

江戸期の大和絵を代表する土佐派絵師、土佐光起の作品。鵯上戸でしょうか、赤い実をつけた秋草の傍に2羽の鶉が佇んでいます。鶉は光起が得意とした画題であり、それは本作においても精緻な羽毛の表現から窺うことが出来ます。
作品番号
D20-060
作品名
作者
土佐光起
作品詳細
絹本着色 箱入 46.5×31 58.5×115.5cm
本紙微少シミ
作家略歴
江戸前期土佐派の画家。和泉堺生。光則の子。幼名は藤満丸。室町末期、光元以来途絶えていた宮廷の絵所預職に復帰、狩野派や宋元画等諸派の画風も摂取して江戸時代の土佐様式を確立し、土佐家中興の祖とされる。法橋、法眼に叙す。元禄4年(1691)歿、75歳。
価格
550,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 岸竹堂 十長生之図 大幅

    十長生とは日・水・松・鶴・亀・鹿・不老草に、山・雲・月・石・竹のうちいずれか三つを加えた10個の不老長生の象徴物のこと。こちらの図には亀が居ないかと思いきや、手前右下の水面からひょっこりと顔を出しています。
  • 長沢芦雪 紫藤花双雀図

    流れる様な筆致で描かれた藤の花。下には二羽の雀が佇んでいます。『故由比濱松濤氏所蔵品入札目録』(大正十三年三月)所載。
  • 原在中 怒涛図

    画面から溢れんばかりの荒々しい水面を描いた瀑布図です。眺めていると、荒々しい画面とは裏腹に、心に静けさが訪れてくるようです。
  • 山口素絢画 香川景樹賛 竹雀図

    細い笹の茎に、まるで武士のように凛々しく留まる雀。その姿に背筋が伸びる思いがします。
  • 岡本秋暉 蒼松孔雀図 佳品 大幅

    「秋暉の孔雀」と呼ばれるほど、孔雀画を得意とした秋暉。緻密な描写で羽根の一枚一枚まで丁寧に描き込まれています。秋暉と交流のあった渡辺崋山の孫である、渡辺華石による箱書があります。
  • 山口素絢 鯉魚逆飛湍之図

    鯉が滝の上流に向かおうとする登龍門の画題は、立身出世のたとえとして古くから親しまれています。本作は揺れる柳を描くことで飛沫が柳を揺らしている様が感じられ、まるでその場に居合わせているかのような臨場感を生み出しています。