円山応挙 遊狗子図
2020年6月14日
西山芳園 早蕨蝶図
2020年6月14日

岸駒
【猛虎】

墨のみで描き出された質感が秀逸で、虎の見事な存在感と迫力をたたえています。鋭い眼光を持つ虎は、厄除けを願う掛物としてもお使いいただけます。本作は当時としては珍しく、作者自身の箱書「共箱」の作品です。
作品番号
D20-088
作品名
猛虎
作者
岸駒
作品詳細
絹本水墨 共箱 55.5×129 69.5×190cm
天保7年(1836)80歳 表具微少虫穴 本紙微少シミ
作家略歴
江戸後期の絵師。金沢生。商家に生まれる。岸派の祖。字は賁然、号は可観堂等。狩野派・沈南蘋派・円山派などあらゆる画風を学び、折衷した。有栖川宮家・京都御所・金沢城の障壁画などを手がけ、各地の大名からの依頼も多かった。「岸駒の虎」と称されるほど、虎の画を得意とした。天保9年(1838)歿、90歳(一説に83歳)。
販売状況
売約済み

岸駒
【猛虎】

墨のみで描き出された質感が秀逸で、虎の見事な存在感と迫力をたたえています。鋭い眼光を持つ虎は、厄除けを願う掛物としてもお使いいただけます。本作は当時としては珍しく、作者自身の箱書「共箱」の作品です。
作品番号
D20-088
作品名
猛虎
作者
岸駒
作品詳細
絹本水墨 共箱 55.5×129 69.5×190cm
天保7年(1836)80歳 表具微少虫穴 本紙微少シミ
作家略歴
江戸後期の絵師。金沢生。商家に生まれる。岸派の祖。字は賁然、号は可観堂等。狩野派・沈南蘋派・円山派などあらゆる画風を学び、折衷した。有栖川宮家・京都御所・金沢城の障壁画などを手がけ、各地の大名からの依頼も多かった。「岸駒の虎」と称されるほど、虎の画を得意とした。天保9年(1838)歿、90歳(一説に83歳)。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。