山本光一 四季草花小禽図屏風 六曲一双中屏風
2024年5月26日
伊藤若冲 鶏螽斯図
2024年5月21日

木村武山
【無花果鶏図】

日本美術院きってのカラリストと称される木村武山。その作風は一貫して丁寧かつ品があり、静謐さが漂っています。無花果と竹に鶏という珍しい組み合わせながら、無花果の少し枯れかけた葉の向こうに鶏を描くことにより、非常に落ち着いた空間を生み出しています。
作品番号
D-84
作品名
無花果鶏図
作者
木村武山
作品詳細
絹本着色 二重箱入 41.5×128 57.5×222cm
作家略歴
日本画家。茨城県生。名は信太郎。川端玉章に師事する。東美校で岡倉天心の薫陶を受け、新日本画運動を進める。日本美術院の結成に加わり、優れた技巧、色彩感覚を活かした壮麗な花鳥画・仏画を出品し、その中心画家として活躍した。代表作に「阿房劫火」「孔雀明王」等がある。昭和17年(1942)歿、67歳。
価格
250,000円

木村武山
【無花果鶏図】

日本美術院きってのカラリストと称される木村武山。その作風は一貫して丁寧かつ品があり、静謐さが漂っています。無花果と竹に鶏という珍しい組み合わせながら、無花果の少し枯れかけた葉の向こうに鶏を描くことにより、非常に落ち着いた空間を生み出しています。
作品番号
D-84
作品名
無花果鶏図
作者
木村武山
作品詳細
絹本着色 二重箱入 41.5×128 57.5×222cm
作家略歴
日本画家。茨城県生。名は信太郎。川端玉章に師事する。東美校で岡倉天心の薫陶を受け、新日本画運動を進める。日本美術院の結成に加わり、優れた技巧、色彩感覚を活かした壮麗な花鳥画・仏画を出品し、その中心画家として活躍した。代表作に「阿房劫火」「孔雀明王」等がある。昭和17年(1942)歿、67歳。
価格
250,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。