土佐光貞 寒月図
吉村孝敬 左)熊 中)蜘蛛 右)鷹 三幅対

土佐光文
【朧月落花帰雁之図】

「雁帰る」という季語にもあるように、まるで春を象徴したかのような、華やかで瑞々しく、活き活きとした生命力を感じさせる一幅です。
作品番号
D21-023
作品名
朧月落花帰雁之図
作者
土佐光文
作品詳細
絹本着色 箱入 42×115 53×194cm
微少シミ
作家略歴
幕末~明治の日本画家。京都生。土佐光孚の次男。字は子炳、号は韓水、通称土佐左近將監、後備前守。土佐派宗家土佐光禄の養子となり、絵所預となった。安政2年の内裏造営の際には画工頭となった。中島来章・塩川文麟らと如雲社を創設。土佐派末期を代表する画家として活躍した。門下に川辺御楯、川崎千虎らがいる。明治12年(1879)歿、68歳。
販売状況
売約済み

土佐光文
【朧月落花帰雁之図】

「雁帰る」という季語にもあるように、まるで春を象徴したかのような、華やかで瑞々しく、活き活きとした生命力を感じさせる一幅です。
作品番号
D21-023
作品名
朧月落花帰雁之図
作者
土佐光文
作品詳細
絹本着色 箱入 42×115 53×194cm
微少シミ
作家略歴
幕末~明治の日本画家。京都生。土佐光孚の次男。字は子炳、号は韓水、通称土佐左近將監、後備前守。土佐派宗家土佐光禄の養子となり、絵所預となった。安政2年の内裏造営の際には画工頭となった。中島来章・塩川文麟らと如雲社を創設。土佐派末期を代表する画家として活躍した。門下に川辺御楯、川崎千虎らがいる。明治12年(1879)歿、68歳。
販売状況
売約済み

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 長沢芦雪 木芙蓉白鶏図

    凛々しく描かれた鶏の番と足元に群がる雛の愛らしさ。双方の対比が面白い一幅です。『香雲軒蔵品入札目録』(昭和12年)並『東海道島田町秋野家及某家所蔵品入札』並『古画総覧』所載有。
  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
    売約済
  • 狩野立信 散桜図 色紙

    はらはらと散り始めた桜を描いた色紙サイズの作品です。儚げで楚々とした佇まいが素敵です。
  • 古澤雪田 夏花草虫図

    瑞々しく茂る色とりどりの植物の中に、沢山の小さな虫たちが生き生きと描かれています。古澤雪田は瀧和亭門下で師と同じく花鳥画をよくしています。
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 五梅田幹 牡丹双鳥図

    長崎派とは、江戸時代に長崎に興った絵画の諸派の総称です。五梅田幹の略歴は不明ですが、南蘋派の影響を窺わせるものがあります。小禽のつぶらな瞳に目が離せません。