英一蝶 萩垣菊小禽
沖冠岳 瀑下猛虎図

英一蝶
【竹雀】

真っすぐ伸びた竹のそばで戯れる三匹の雀の姿が描かれた作品。地に深く根を張り、まっすぐに成長する竹と、厄難をついばむといわれる雀の組み合わせは、子孫繁栄・家内安全を願う意味があります。年中掛けとしてお使いいただけます。
作品番号
D20-065
作品名
竹雀
作者
英一蝶
作品詳細
絹本水墨 箱入 38×101.5 49×176.5cm
本紙少ヤケ・修復痕
作家略歴
江戸中期の画家。京都生。名は信香。剃髪後に多賀朝湖と名乗る。字は駿、通称を助之進、号に朝湖・牛麿・翠蓑翁等。名を英一蝶、画号を北窓翁に改めたのは晩年、流罪を赦されて江戸に帰ってから。寛文6年頃に一家で江戸へ移り、周囲に絵描きとしての才能を認められて狩野安信に学ぶがのち破門。その一方、暁雲の号で俳諧師としても名高く、宝井其角、松尾芭蕉らと交友を持った。その後は入牢、三宅島配流と二度の憂き目に遭いながらも江戸に帰還。人気絵師として数々の大作を手がけた。享保9年(1724)歿、71歳。
価格
250,000円

英一蝶
【竹雀】

真っすぐ伸びた竹のそばで戯れる三匹の雀の姿が描かれた作品。地に深く根を張り、まっすぐに成長する竹と、厄難をついばむといわれる雀の組み合わせは、子孫繁栄・家内安全を願う意味があります。年中掛けとしてお使いいただけます。
作品番号
D20-065
作品名
竹雀
作者
英一蝶
作品詳細
絹本水墨 箱入 38×101.5 49×176.5cm
本紙少ヤケ・修復痕
作家略歴
江戸中期の画家。京都生。名は信香。剃髪後に多賀朝湖と名乗る。字は駿、通称を助之進、号に朝湖・牛麿・翠蓑翁等。名を英一蝶、画号を北窓翁に改めたのは晩年、流罪を赦されて江戸に帰ってから。寛文6年頃に一家で江戸へ移り、周囲に絵描きとしての才能を認められて狩野安信に学ぶがのち破門。その一方、暁雲の号で俳諧師としても名高く、宝井其角、松尾芭蕉らと交友を持った。その後は入牢、三宅島配流と二度の憂き目に遭いながらも江戸に帰還。人気絵師として数々の大作を手がけた。享保9年(1724)歿、71歳。
価格
250,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。

  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
  • 狩野立信 散桜図 色紙

    はらはらと散り始めた桜を描いた色紙サイズの作品です。儚げで楚々とした佇まいが素敵です。
  • 古澤雪田 夏花草虫図

    瑞々しく茂る色とりどりの植物の中に、沢山の小さな虫たちが生き生きと描かれています。古澤雪田は瀧和亭門下で師と同じく花鳥画をよくしています。
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 五梅田幹 牡丹双鳥図

    長崎派とは、江戸時代に長崎に興った絵画の諸派の総称です。五梅田幹の略歴は不明ですが、南蘋派の影響を窺わせるものがあります。小禽のつぶらな瞳に目が離せません。
  • 岡本秋暉 枇杷小禽之図

    たわわに実る枇杷の木に集う鳥たちを、活き活きと描き出しています。孔雀画を得意とした秋暉だけに、やはり羽根の表現は精緻に富んでいます。