伊藤若冲 鶏螽斯図
2024年5月21日
徳川綱吉 練鵲図
2024年5月14日

狩野安信
【前猫後兎 双幅】

はたしてこれは猫なのだろうかと問われると、一瞬考えてしまうほどの耳の長さである。しかし兎と並べてみると猫なのかもしれない。猫にして猫に非ず…そんな禅問答のような問いかけが生まれそうな作品ではあるが、安信は画技の研鑽のために普門寺の隠元隆琦を訪ねており、黄檗美術の影響を受けたと思しき作品もあるため、禅問答であってもあながち間違いではないのかもしれない。
作品番号
D-82
作品名
前猫後兎 双幅
作者
狩野安信
作品詳細
紙本水墨 箱入 各28×95.5 37×179cm
本紙シミ・修復痕
作家略歴
江戸前期の狩野派の絵師。京都生。幼名は四郎二郎・源四郎、号は永真・牧心斎。狩野孝信の第三子で、長兄には鍛冶橋狩野を開いた探幽、次兄には家督を継いだ尚信がいる。はじめ京都の狩野本家をついだが、やがて江戸に移って幕府の奥絵師となり、中橋狩野家の祖となる。古画の鑑定を数多く行った。英一蝶は弟子に当たる。貞享2年(1685)歿、73歳。
価格
180,000円

狩野安信
【前猫後兎 双幅】

はたしてこれは猫なのだろうかと問われると、一瞬考えてしまうほどの耳の長さである。しかし兎と並べてみると猫なのかもしれない。猫にして猫に非ず…そんな禅問答のような問いかけが生まれそうな作品ではあるが、安信は画技の研鑽のために普門寺の隠元隆琦を訪ねており、黄檗美術の影響を受けたと思しき作品もあるため、禅問答であってもあながち間違いではないのかもしれない。
作品番号
D-82
作品名
前猫後兎 双幅
作者
狩野安信
作品詳細
紙本水墨 箱入 各28×95.5 37×179cm
本紙シミ・修復痕
作家略歴
江戸前期の狩野派の絵師。京都生。幼名は四郎二郎・源四郎、号は永真・牧心斎。狩野孝信の第三子で、長兄には鍛冶橋狩野を開いた探幽、次兄には家督を継いだ尚信がいる。はじめ京都の狩野本家をついだが、やがて江戸に移って幕府の奥絵師となり、中橋狩野家の祖となる。古画の鑑定を数多く行った。英一蝶は弟子に当たる。貞享2年(1685)歿、73歳。
価格
180,000円

この作品をご覧の方は、
他にもこのような作品をご覧になられています。