動物を題材とした作品

 
  • 梅村景山 塀上猫図 小品

    まるで少女漫画の一コマのような、愛らしさに溢れた猫の図です。今尾景年門下の日本画家・梅村景山の作。
    売約済
  • 菅其翠 象図

    見世物興行での光景でしょうか。潔いほどに象のみを中心に据えており、画家の興奮が伝わります。江戸時代末期の絵師・西山芳園の弟子、菅其翠による作品。
  • 喜多武清 猿猴図

    なにやら会話をしているような親子猿。月を捉えに行く親を制しているのか、一緒に連れて行くよう促しているのか…。仏教絵画由来の図柄ですが、いずれにしても可愛らしい作品。谷文晁門下の喜多武清作。
  • 山口素絢 枝垂桜狗子図

    枝垂桜を銜えて遊びに興じる子犬たちを描いた、微笑ましい一幅です。応門十哲の一人、山口素絢によるもの。
  • 石河有粼 果物鼠図 双幅

    食べ物に目が無い鼠たちを可愛らしくユーモラスに描いており、鼠たちのワクワクした雰囲気が伝わってきます。名古屋画壇の石河有粼による双幅です。
  • 芳泉銘 天狗と象 鼻競図

    江戸時代に長崎から江戸に向けて象を運んだ際、その珍しさから早速大津絵師が象が天狗と鼻の長さ比べをしている作品を生み出したそうです。浮世絵師の歌川国芳にも同様の画題作品が見られます。
  • 勾田台嶺 老樹猛虎図

    岩陰からのそりと現れた瞬間の迫力をそのままに表したかのような、緊張感のある虎図です。眼球に使用されている萌黄色が全体の色調を引き締めています。
    売約済
  • 森狙仙 梅花親子猿図

    老梅の上で無邪気に遊ぶ猿の親子を描いています。柔らかそうな毛並みや活き活きした動作は猿画名手の狙仙ならでは。木の幹に見られる「たらし込み」が、作品にほど良いアクセントを添えています。
  • 幕末明治期 妖孤図春画

    夢うつつのまま、すっかり妖狐に騙されてしまった男性を面白おかしく描いた、幕末明治期の艶画です。
  • 森狙仙 雪中猛虎図

    水墨でさらりと描かれた虎ですが、臨場感にあふれ、生き生きとした様子が伝わってきます。日本画家、川村曼舟の箱書あり。
  • 谷文晁 猫捕鼠

    その自由で躍動感のある動きや、愛らしい表情やしぐさなど、古くから多くの画家を魅了してきた猫ですが、狩猟本能を感じさせる瞬間を描いた作品も少なくありません。弱肉強食を彷彿とさせる画題ですが、文晁は愛嬌を込めて表現しています。
  • 吉村孝敬 左)熊 中)蜘蛛 右)鷹 三幅対

    応門十哲の一人、吉村孝敬の三幅対です。熊に鷹、そして蜘蛛という珍しい組み合わせや、凛とした雰囲気も魅力です。
  • 桐谷洗鱗 静観

    まるで高僧のように岩場で瞑想する一匹の猿。どことなくユーモラスで可愛げのある姿に癒されます。
  • 駒井源琦 双兔図

    円山応挙の高弟の駒井源琦による兎図は、シンプルな筆ながらも兎の特徴をよくつかんでいます。
    売約済
  • 村田鶴皐 闘牛図

    勢いよく駆け回り、互いの隙を伺っているような、臨場感溢れる作品です。江戸後期の長崎の画家、渡辺鶴洲の弟子である村田鶴皐の作。
    売約済
  • 森徹山 猿鹿図 双幅

    桜の下に猿の親子、散る紅葉の下には鹿。どちらも生き物に対する徹山のあたたかな眼差しが伝わってきます。
    売約済
  • 森狙仙 親子猿

    一体何をしている場面なのでしょうか。親猿が警戒しているのを、子猿が不思議そうに眺めているようにも見えますが、こんなところにも狙仙ならではのリアリティを感じます。
  • 江戸中期 猛虎瀑布図

    火照った体を冷やすかのように、滝に打たれる一頭の虎。その眼差しには、まだ静まらぬ猛々しい気配が漂っています。
    売約済
  • 高橋杏村 三社山水図

    神道に於いて神の使いとされる鹿と、木に吊るされた神鏡を描いた山水図は、そこが聖域であり、神聖で澄んだ空気を纏っていることを窺わせます。
  • 狩野由信(洞隣) 親子猿捉月図

    猿の親子が水面に映った月を捕まえようとする、お馴染みの画題です。幕府の御用絵師、狩野由信の作。
    売約済
  • 大橋萬峰 巌上猛虎図

    冬の巌山に登る猛々しい虎。孤高な様はヘミングウェイの小説「キリマンジャロの雪」の豹を彷彿とさせます。
  • 木島桜谷 老狸

    多くの動物画を描いた桜谷ですが、なかでも狸は秋の月と共に描かれることが多いようです。秋草の中のアザミが画面に彩りを添えています。
  • 高橋草山・前川文嶺・前川孝嶺他 十二支合作

    各自が得意分野を描いたのかは不明ですが、それぞれの筆遣いに味わいがあり、見ていて楽しい干支図です。
  • 堀江友聲 猛虎図

    にんまりと不敵な笑みを浮かべる一頭の虎。強い風に吹かれながらもしっかりと大地を踏みしめ、力強さを感じさせます。
    売約済
  • 円山応挙 柳下狗子図

    柳の下で戯れる仔犬が愛らしい、応挙による狗子図です。応挙は生涯に数多くの仔犬の絵を残していますが、眉の部分が白く抜かれた犬をよく描いており、一説には応挙が飼って可愛がった愛犬ではないかと言われています。
  • 猪飼嘯谷 一乃谷勇断図

    多くの作家に描かれている義経の「鵯越の逆落とし」ですが、本作が描くのはまさに今、馬を落とした瞬間。馬の様子を見つめる義経の眼差しから、緊張感が伝わってきます。
  • 幕末明治期 戯画三猿図

    「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を人間に見立て、ユーモラスに描いています。三猿のモチーフは、庚申信仰の伝播とともに近世以降広く用いられるようになったと言われています。
    売約済
  • 川端玉章 狗之図

    仔犬の特徴を的確にとらえつつ、愛らしさも盛り込んだ描写力が見事です。円山派の中島来章や洋画家の高橋由一にも学んだ川端玉章の作。
  • 北澤楽天 竹之宿

    雀も虎も同じ竹を宿として寛いでいる様子が描かれた、漫画家ならではの風刺的な目線が楽しい作品です。虎の表情が何とも言えずいい味を出しています。
    商談中
  • 内海吉堂 不老長春図

    「不老長春」とは長寿の象徴とされる老松と、長春花とされる薔薇を配した画題のこと。不老不死の理想郷ともされています。
    売約済
  • 吉村鳳柳 猛虎図

    森二鳳の門下であり森派の画法を学んだ吉村鳳柳は、動物画を得意とし円山派の重鎮として活躍しました。毛並みの質感まで表すような、滑らかな筆遣いが印象的です。
  • 山口素絢 兎之図

    師である応挙の兎図を参考にしたのでしょうか。表情が少しユーモラスになっているのはご愛敬。見ていて楽しい兎図です。
  • 森一鳳 朧月古狸図

    寂しげに朧月を見上げる古狸。鈴虫の鳴き声と肌寒い秋の夜の情景を思い起こさせます。兄弟子の寛斎は京都、一鳳は大坂画壇で活躍しました。
    売約済
  • 堂本印象 兔

    ふわふわとした毛並みが可愛らしい、堂本印象による白兎の短冊です。共箱入り。
    売約済
  • 狩野芳崖 扇面龍虎図

    猛々しい龍とユーモラスな表情の虎を墨のみで描き出した扇面作品です。箱書は愛媛出身の日本画家・矢野橋村。
    売約済
  • 森狙仙 蜜蜂猿

    蜂の巣を抱えた猿の親子が愛らしく、生き生きとした情景が伝わる、狙仙ならではの作品です。
  • 岸駒 周處除害

    京劇の演目としても知られる中国の故事「周処除三害」を元に、後に西晋の武将になる周処が南山の白額虎を仕留める情景を描いています。虎画の名手、岸駒による作品。
  • 戸塚茗渓 唐人狩猟図

    江戸後期の絵師、戸塚茗渓による虎狩り図です。その昔、加藤清正が朝鮮出兵の際に虎狩りをした話は有名ですが、当時もこのような情景だったのでしょうか。それぞれの特徴を躍動的に描き出しています。
    売約済
  • 吉村鳳柳 月下狸之図

    朧月に照らされて、ひたひたと歩を進める狸。秋の夜のひっそりとした情景が、狸の冷ややかな表情とリンクし、思わず眼を奪われます。
  • 英一蝶 張果老図

    張果老とは、中国の神話伝説「道家八仙人」の一人。白い驢馬に乗り一日に数万里を移動し、休む時は驢馬を紙のように折りたたんで巾箱の中にしまい、乗る際には水を吹きかけて元の姿に戻したという伝説から、「瓢箪から駒が出る」諺の元になったと言われています。
    売約済
  • 渡辺南岳 南瓜鼠図

    自分より何倍も大きな南瓜を運ぼうとしているのでしょうか。その情景に微笑ましささえ感じます。応門十哲の一人、渡辺南岳の作。
    売約済
  • 金蕙 雨

    人の姿に扮した化け狸ですが、着物の裾からはみ出ているもので気付かれてしまいそうです。江戸期の浮世絵では「狸の金玉八畳敷き」を元にした作品が多く描かれました。
  • 山口素絢 急風水呑虎図

    強風に煽られながら、川の水を飲む虎。応門十哲の一人、山口素絢は和美人画を得意としましたが、様々な動物画も手掛けています。
  • 三尾呉石 猫

    鼠を追いかけるイタチ、そしてイタチを捕らえた猫。弱肉強食の縮図を描いた作品です。落款横に「輪廻」と賛が記されています。
  • 橋本関雪 猿 和歌賛

    擬人化された猿の繊細な表情がしみじみとして味わい深い一作。伏原春芳堂製表具。
  • 徳岡神泉 狗子図

    竹の下に仔犬を描いた作品は古来「一笑図」と呼ばれる言葉遊び(竹冠の下に犬で「笑」)で、子孫繁栄の願いが込められています。
  • 川合玉堂 牧牛

    日本画壇の三巨匠と呼ばれる玉堂の牧牛図です。無駄のない最小限の筆致が、逆に玉堂の画力の高さを存分に感じさせてくれます。
  • 堀江友聲 龍虎 双幅

    にやりと笑う龍と虎。両者の獰猛さが見事に表現されています。
  • 森狙仙 狸図 小品

    小さな作品ですが、毛の一本一本が丁寧に描かれ、柔らかな質感が表現されています。
  • 英一蝶 牧童鳥さし図

    牧童は禅画の「十牛図」に描かれ、また本作の牧童が空を指すさまは指月布袋を思い起こします。
    売約済
  • 山本養和 秋園禽獣之図

    画面の隅々まで見どころに溢れた、生命の礼讃ともいうべき作品です。
  • 吉村周圭 秋草遊狗子図

    無邪気に遊ぶ狗子の姿が鮮やかな彩色で描かれています。狗子の独特な表情がユーモラスで楽しい気持ちになる作品です。
    売約済
  • 森狙仙 三番叟猿之図

    「三番叟」は能楽の中で最も神聖視される祝言曲「翁」の後半に演じる舞のこと。猿画の名手、森狙仙の作。
    売約済
  • 古画 七夕牽牛織姫図

    中国の説話である牽牛と織姫の伝説。微笑みをかわす二人が流麗な筆致で描かれています。
  • 森狙仙画 黄檗華頂賛 親子猿図

    猿書きの名手、森祖仙の優品です。
  • 円山応挙 遊狗子図

    応挙の作品の中でも、最も人気のある狗子図。
  • 岸駒 猛虎

    墨のみで描き出された質感が秀逸で、虎の見事な存在感と迫力をたたえています。
  • 山口素絢 宇婆良古伎能図

    動物が歌舞する愛嬌のある作品。
    売約済
  • 渡辺南岳 和美人矮狗図

    応門十哲の一人、美人画を得意とした渡辺南岳の作。
    商談中
  • 大原呑舟 巌上孤鹿図

    大胆な構図でシンプルでありながらも、呑舟の自由でのびのびとした作風が感じられる作品です。